大容量WiFi

WEBから簡単申し込み メールで相談

「大容量WiFi」ってどんなポケットWiFi?特徴やお得なキャンペーンまで総まとめ!

「大容量WiFi」は、2021年6月21日にスタートした、新しいポケットWiFiサービスです。サービス内容や特徴、キャンペーン情報など、まだまだ知らない人も多いかもしれません。

 

この記事では、大容量WiFiの基本的な情報やメリット、加入時の注意点などを詳しく解説します。「どのような人におすすめなのか」「申し込みはどうする?」など、加入時に疑問を感じることについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「大容量WiFi」はつながりやすさ×安さが強みのポケットWiFi!

「つながりやすさ」と「安さ」が強みの大容量WiFiに関して、概要とおすすめポイントを解説します。

【大容量WiFiの概要】

項目概要詳細
運営会社株式会社ルナ
エリア

au・ソフトバンクの対応エリアと同等

(全国各地)

最大速度

・下り速度:150.0Mbps

・上り速度:50.0Mbps

使用回線

・au

・ソフトバンク

5G対応なし
契約期間24ヶ月
セット割なし
初期費用(手数料・端末代)3,300円(事務手数料)
月額料金

・通信容量に応じた通常料金

0ギガ:500円

50ギガ:2,400円

100ギガ:2,900円

200ギガ:3,900円

300ギガ:4,900円

400ギガ:5,900円

500ギガ:6,900円

契約期間中の総額

・オプションなしの場合:15,300円~168,900円

・オプションすべて込みの場合:63,060~216,660円(0~500ギガ)

契約期間中の実質月額

【オプションなしの場合】

638~7,038円(0~500ギガ)

【オプションありの場合】

2,628~9,028円(0~500ギガ)

特典

スタートダッシュキャンペーン

新規申し込みで200GB~500GBのプランを対象オプションと同時に申し込むと、オプション料金を含めた月額料金が最大半年間990円になる

※価格は税込

※0GBプランはプラン変更時のみ選択可能(24ヶ月間0GBプランを利用することはできない)

 

大容量WiFiの魅力は、au+ソフトバンクの回線を両方使用できることです。電波状況に合わせて2つのキャリアを自動で切り替えてくれるため、どのエリアにいてもつながりやすい回線に接続できます。

 

また、幅広い通信容量からプランを選択できるほか、初回の契約プランからいつでも別のプランへ変更可能です。

毎月の予算に合わせてプラン変更できるので、料金を抑えたい人も利用しやすいでしょう。

 

なお、プラン変更には変更手数料(1,100円)が発生します。また、キャンペーンによっては、プラン変更を行うと適用が外れる可能性があるため注意しましょう。

 

次項では、2種類の端末について解説します。

大容量WiFiの端末について

大容量WiFiでは、「GlocalMe U3」と「GlocalMe G3」の2種類の端末が提供されています。各機種のスペックをみていきましょう。通信速度の参考として、GlocalMe U3は実測値も紹介しています。

引用元:大容量WiFi

【GlocalMe U3のスペック】

 

項目スペック詳細
下り最大速度150.0Mbps(実測値:26.7Mbps)
上り最大速度50.0Mbps(実測値:11.6Mbps)
重さ125g
サイズ126×66×10mm
電池容量3,000mAh
連続通信時間最大12時間
同時接続台数10台

※実測値は7日間計測した実測の平均数値

 

GlocalMe U3の特徴は本体が軽量で、同時接続数が10台と多いところです。デザインはシンプルでサイズもコンパクトなので、気軽に持ち運びやすい端末だといえるでしょう。

 

引用元:大容量WiFi

 

【GlocalMe G3のスペック 】

項目スペック詳細
下り最大速度150.0Mbps
上り最大速度50.0Mbps
重さ240g
サイズ126.5×65×19mm
電池容量5,350mAh
連続通信時間最大18時間
同時接続台数5台

 

GlocalMe G3は電池容量がGlocalMe U3よりも多く、連続通信時間も18時間と長いことが特徴です。外出先での長時間作業にも耐えられるスペックをもっています。

 

大容量WiFiの9つのメリット

 

 

大容量WiFiのメリットを9つ紹介します。概要ではわからなかったプランや料金の安さなど、詳細をチェックしてみてくださいね。

 

①対応エリアが広く、全国でつながりやすい

大容量WiFiはauとソフトバンクという大手キャリア2つを自動で切り替えてくれるので、全国どこにいてもつながりやすいことが特徴です。

大容量WiFiでは、クラウドSIMが採用されています。クラウドSIMは端末内へSIMカードを差し込むのではなく、クラウドサーバー上にあるSIMから情報を読み取って通信することが可能です。クラウドサーバー上からは複数のSIM情報を読み取れます。

そのため、クラウドSIMは複数のキャリアが使えたり、エリア別の通信環境に合わせたキャリアへ切り替えたりなど、どこでも通信しやすいSIMの規格です。大容量WiFiでも上記のようなクラウドSIMの特徴を活用しているので、全国どこへいても通信しやすくなっています。

ただし、大容量WiFiで対応している通信エリアはauとソフトバンクのみです。サービス加入時は各キャリアのエリアマップで、対応エリアを確認しておきましょう。基本的に全国対応ですが、一部エリアによっては通信できない恐れがあります。

 

②50GB~500GBまでの幅広いプランがある

50~500GBまで幅広い料金プランが選べるのは、大容量WiFiならではのメリットです。他社の場合、100GBまでのプランを提供しているケースが多く、500GBは前例がありません。

さらに、100GB以降は100GBずつプランが用意されています。自分のライフスタイルや仕事に合った通信容量が選べることも、魅力のひとつです。

 

③実質料金が他社と比較してもトップレベルの安さ

大容量WiFiは実質料金に関しても、他社と比較してトップレベルの安さです。実質料金とは、初期費用や料金の変動、割引額なども含めて平均化した1ヶ月あたりの料金を指します。この実質料金を大容量WiFiと他社で比較してみましょう。

 

【実質料金の比較】

契約する通信容量大容量WiFiどこよりもWiFiBIGLOBE WiMAX
50GB2,538円3,532円4,500円
100GB3,038円4,032円4,500円
200GB4,038円4,032円4,500円

※価格はすべて税込

 

他社と比較すると、50~200GBの実質料金の安さが際立ってわかります。とくに50GBは、最大で約2,000円安いため、業界内でもトップレベルの安さです。

 

④いつでもプラン変更ができる

大容量WiFiは、いつでもプラン変更できる点も魅力です。契約する際、最初に選択したプランでも、あとから自由に変更できます。

 

ただし、プラン変更には以下のルールがあるので事前にチェックしておきましょう。

 

<プラン変更のルール>

・前月11日~当月9日23:59までに申請すると、翌月の1日からプラン変更が適用される

・10日以降の場合、2ヶ月後の1日からプラン変更が適用される

・プランを変更する際は手数料(1,100円)が発生する

 

とくに注意しなければならないのが、プラン変更時の手数料です。何度も変更していると実質料金が上がってしまうので、計画的にプランを選択しましょう。

 

⑤半年間990円で使える

 

引用元:大容量WiFi

 

大容量WiFiでは、新規お申込みスタートダッシュキャンペーンの適用により、加入後の最大半年間は月額990円で利用できます。

 

<キャンペーンの概要>

・適用期間は最大半年間

・キャンペーン適用期間中は月額料金990円

・200~500ギガプランが対象

・対象オプションをすべて申し込むことが条件(オプションも込みで料金は990円)

・キャンペーン期間は2021年12月31日まで 

 

<キャンペーンの注意点>

・オプションを1つでも外すとキャンペーンが適用されない

・初回の事務手数料は必要

・キャンペーン終了後にサポートオプションを変更・解除した場合は、手数料500円が都度発生

 

キャンペーン適用時に加入したプランやオプションは、キャンペーン終了後も継続されます。プラン・オプションを変更したい場合は、キャンペーン終了後に行いましょう。

 

⑥便利なオプションサービスがあり、半年間無料で使える

大容量WiFiには便利なオプションサービスがあり、キャンペーンの適用によって最大半年間は無料で利用できます。

 

【オプションサービスの一覧】

サービス名内容月額料金
メガチャージ1Mbpsの通信が利用可能で、通信容量を使い切っても回線が切れない。 ※1500円
サポートプラス破損、水没、紛失、盗難、バッテリー劣化などを年に1回サポートしてくれる。 ※2500円
スマートコンシェルジュ端末の設定やトラブルなどをリモート、もしくは別途訪問料金が発生するが訪問サービスでサポートしてくれる。990円

※価格はすべて税込

※1:通信速度はベストエフォート

※2:バッテリー劣化の交換は、1回につき3,000円が発生する

 

各種サポートサービスは、申し込み時にのみ加入できます。

 

サポートプラス・ライトに関しては、一度解除してしまうと再加入できないので注意しましょう。また、キャンペーン適用期間が終了した場合、サポートオプションの各料金は通常通り請求されます。

 

⑦最短翌営業日に発送してもらえる

加入後は、最短で翌営業日にレンタルセットを発送してもらえます。ただし、以下のような状況によっては発送日が遅くなるかもしれません。

 

<発送日が遅くなるケース>

・ゴールデンウイークや年末年始などの大型連休と重なる

・天候や配送トラブルが発生したとき

・本人確認に不備があった場合

 

⑧さまざまな支払い方法から選べる

大容量WiFiでは、支払い方法をいくつかのパターンから選ぶことが可能です。

 

<支払い方法の一覧>

・クレジットカード

・後払い

(全国のコンビニ/銀行/郵便局/LINE Pay/その他決済アプリなど)

 

便利なのはクレジットカードですが、後払いを選択するとコンビニや銀行、郵便局などからの支払いもできます。なお、後払いには別途審査が必要です。

また、法人契約の場合は請求書払いも可能になります。

 

⑨24ヶ月以上使えば違約金なしで解約できる

24ヶ月以上サービスを利用した場合、違約金なしで解約(解除)できます。

 

<解約(解除)に関するルール>

・24ヶ月未満で解約(解除)すると、解除違約金19,800円が発生する

・当月9日23:59までに解約(解除)した場合、当月中に契約終了

・解約(解除)を申請したあと、当月中はサービスを利用できる

 

加入時は予定している利用期間と契約期間(24ヶ月)を比較して、違約金が発生しないかどうかたしかめておきましょう。

 

大容量WiFiの3つの注意点

 

ここでは、大容量WiFiの注意点を3つ解説します。加入前に必ずチェックしておきましょう。

 

①ルーター機種を選べない

大容量WiFiでは、WiFiルーターの端末を選べません。申し込みフォームには端末を選択する項目がなく、端末はランダムに発送されます。自分の気に入った端末かどうかは届くまでわからないので注意しましょう。

 

ただし、大容量WiFiの端末は2種類のみです。ランダムといっても、どちらか一方が選ばれるだけなので、気に入った端末が送られてくる可能性も十分あります。

 

②容量の上限に達すると使えなくなる

大容量WiFiの場合、指定した通信容量の上限に達するとWiFiが使えなくなるので注意しましょう。通常、WiFiルーターの通信容量が上限に達した場合は、速度制限がかかります。

 

しかし、大容量WiFiでは回線停止 です。「回線停止は困る!」という人は、最大1 Mbpsの通信を使えるオプションサービス(メガチャージ)の利用を検討してみましょう。通常プランの容量を使い切っても回線が切れる心配はなく、キャンペーンの適用で最大半年間はオプション料金が無料です。

 

③解約後は端末を返送する必要がある

大容量WiFiの解約(解除)後は、端末を返送しなければなりません。利用する端末はあくまでもレンタル品なので、契約が終了した際は返却しましょう。

 

<返却しなければならないもの>

・端末本体

・USBケーブル

 

<返却までの流れ>

1.解約(解除)申請をマイページから行う

2.返却詳細がメールで送られる

3.レンタル品を確認して箱(ダンボールなど)へ詰める

4.元払いで返却期日までに発送

5.発送後はマイページから追跡番号を登録

 

<返却にかかる費用>

・発送のための送料

・24ヶ月以内の解約(解除)であれば違約金19,800円

・端末が破損していた場合、別途19,800円

・ケーブルが未返却or破損した場合は別途330円

・返却期限を過ぎた場合、別途ご利用料金1ヶ月分

 

追跡番号がなく、レンタル品も返却できていない場合、端末機器に関する損害金をすべて支払わなければなりません。

 

大容量WiFiをおすすめできるのはこんな人

大容量WiFiがおすすめできる人を、4パターン紹介します。自分に当てはまるポイントがあるかチェックしてみましょう。

 

日本全国どこでもつながりやすいポケットWiFiを探している人

大容量WiFiのクラウドSIMであれば、日本全国どこでもつながりやすいため、通信対応エリアの広いポケットWiFiを探している人におすすめです。

 

競合他社の場合、まだまだ対応しきれていないエリアもあります。具体的にどのような環境に弱いのか、WiMAXと楽天モバイルを例にみていきましょう。

 

【競合他社の弱いエリア】

 WiMAX楽天モバイル
北海道

ほぼ全域

(札幌や帯広など都心部以外)

主に内陸の山間部

(沿岸部や都心部はカバーされている)

東北岩手・秋田・青森・山形主に内陸の山間部
関東内陸の都心から離れたエリア

群馬の北部・栃木の西部

(山間部や郊外)

中部

富山・岐阜・石川

(内陸の山間部や郊外)

山梨の北部・静岡の北部

(山間部や郊外)

近畿

京都・和歌山・奈良・三重

(内陸の山間部や郊外)

京都・和歌山・奈良

(内陸の山間部や郊外)

中国山間部や郊外

山口の北部・その他

(山間部や郊外)

四国山間部や郊外内陸の山間部や郊外
九州

宮崎・熊本の南部・大分の南部

(主に山間部や郊外、離島)

宮崎県の北部・その他

(山間部や郊外)

 

複数のキャリアが切り替えられるクラウドSIM系WiFiであれば、通信環境の弱いエリアでもつながりやすくなります。その都度、つながりやすいキャリア回線に切り替えてくれるので、つながりやすさを求める人は検討してみましょう。

 

大容量を使えるポケットWiFiを探している人

大容量を使えるポケットWiFiを探している人は、大容量WiFiの利用がおすすめです。

 

「②50GB~500GBまでの幅広いプランがある」でも解説したように、大容量WiFiでは500GBまで利用できるプランがあります。さらに、オプションサービス(メガチャージ)へ加入すると、プラン内の通信容量を使い切っても回線切れの心配がありません。

 

他社にはない通信容量なので、「他社では足りない」「もっと自由に使いたい」と考えている人はサービスへの加入を検討してみましょう。

 

月々のデータ容量が大きく変動する人

月々のデータ容量が大きく変動する人にも、大容量WiFiはおすすめです。大容量WiFiの料金プランは50~500GBと幅広くなっています。

 

さらに、プランの変更はいつでもできます。「来月はあまり使わないかも」「再来月には500GBまで使いたい」といった場合でも、問題ありません。料金プランの変更は通信費を抑えることにもつながるため、無駄を省くという意味でもおすすめです。

 

料金の安さを重視する人

料金の安さを重視する人も、大容量WiFiへの加入を検討してみましょう。「③実質料金が他社と比較してもトップレベルの安さ」でも解説したように、大容量WiFiの実質料金は業界内でもトップレベルです。

 

とくに、通信容量50~100GBの料金は他社と比較しても安く、毎月の通信費が抑えられます。1,000円以下で利用できるオプションサービスも提供されているので、安さを重視する人におすすめです。

 

大容量WiFiのお得な申し込み方法

 

大容量WiFiのお得な申し込み方法の流れを、簡単に解説します。

 

<大容量WiFiの申し込み方法>

1.大容量WiFiのWebサイトへアクセス(Webサイトはこちら

2.「WEBから簡単申し込み」をクリック

3.申し込みフォームで必要事項(プラン、端末台数、オプション、個人情報など)を入力

4.キャンペーンを適用する場合は、対象プランと対象オプションを付ける

5.入力内容を確認して申し込み完了

6.受付メール・本人確認メールが届く

7.発送メールが届く

8.最短で翌営業日には端末や付属品が届く

 

最大半年間の利用料金が990円/月になるキャンペーンは、申し込み時に対象プランと対象オプションを付けることで自動的に適用されます。クーポンコードなどは必要ありません。

 

なお、大容量WiFiは電話やメールでの申し込みに対応していない点には注意しましょう。

 

大容量WiFiのプラン変更方法

現在契約中のプランを変更する方法について解説します。

 

<プランの変更方法>

1.大容量WiFiのWebサイトへアクセス(Webサイトはこちら

2.マイページへ移動(ユーザーIDとパスワードが必要)

3.希望するプランを選択して変更を申請

4.受付メール・完了メールが届く

5.最短で翌月1日からプランが適用される

 

「④いつでもプラン変更ができる」でも解説したように、プラン変更にはいくつかルールがあります。とくに注意しなければならないのが申請日時です。前月11日~当月9日23:59までに変更しなければ、申請したプランが翌月に適用されません。急いでいる場合は、なるべく早く申請を行いましょう。

 

大容量WiFiの解約方法

大容量WiFiの解約(解除)方法について、順を追って解説します。

 

<大容量WiFiの解約(解除)方法>

1.大容量WiFiのWebサイトへアクセス(Webサイトはこちら )

2マイページへ移動

3.契約した端末ごとに解約(解除)申請を行う

4.解約(解除)申請後、レンタル品の返却方法に関するメールが届く

5.手順に沿ってレンタル品を期日までに発送(返却)

6.発送後は郵送物の追跡番号をマイページから登録

7.返却完了

 

解約(解除)を当月中に行いたい場合は、当月9日23:59までに申請を行いましょう。9日を過ぎた場合、解約(解除)は翌月末です。

 

また、24ヶ月以内の解約(解除)は違約金が発生することも忘れてはいけません。

「⑨2年以上使えば違約金なしで解約できる」にも解約(解除)のルールを解説しているので、チェックしてみてくださいね。

 

まとめ

大容量WiFiは、「安さ」×「つながりやすさ」が強みのポケットWiFiです。利用料金は他社と比較しても安く、クラウドSIMなので環境に応じてつながりやすいキャリアへ自動的に変更されます。

 

ほかにも、プラン内容やサービス面でさまざまなメリットがあります。

 

<大容量WiFiのメリット>

・対応エリアが広く、全国でつながりやすい

・50GB~500GBまでの幅広いプランがある

・実質料金が他社と比較してもトップレベルの安さ

・いつでもプラン変更ができる

・キャンペーン適用すると、最大半年間990円で使える

・便利なオプションサービスがあり、キャンペーン適用すると、最大半年間無料で使える

・最短翌営業日発送してもらえる

・さまざまな支払い方法から選べる

・24ヶ月 以上使えば解除違約金なしで解約できる

 

大容量WiFiには豊富なメリットがありますが、注意点についても忘れてはいけません。本記事内で3つ解説しているので、加入前には必ずチェックしてくださいね。